So-net無料ブログ作成
検索選択

秋葉原殺傷第3回公判 証人を遮蔽、けがの状況生々しく(産経新聞)

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大被告(27)の第3回公判が5日、東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれた。事件当日、秋葉原にいた目撃者1人の男性に対する証人尋問が行われる。今回は法廷内で証人と加藤被告が顔を合わせることのないよう遮蔽(しゃへい)措置が取られる。証人が希望した。

 証人尋問に先立ち、被害者のけがについての証拠調べが行われ、激しい犯行状況の一端が明らかにされた。検察側提出の証拠によると、トラックにはねられ、死亡した被害者はいずれも致命傷の他に全身に複数の骨折を負っていた。また、ナイフによる被害者についても、10センチ以上の深さの刺し傷が確認されるなど、加藤被告の犯行への強い意志がうかがわれるものとなった。

 起訴状によると、加藤被告は平成20年6月8日、東京・秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺したほか10人にけがを負わせたなどとしている。

【関連:秋葉原殺傷第2回公判ライブ(2月1日)】
(1)再現される事件当時の進行経路… モニター見つめる加藤被告
(4)「背中を刺された。息苦しい」…被害者の“声”にも被告は無表情
(5)「みんな死んでしまえ」「目標は100人」… 読み上げられる掲示板の書き込み
(10)「刺された!」「あいつ、やばい!」響く怒声、制圧試みるも…
(12)あれは「戦場」そのものだった

<桜の開花予想>東京都心は3月23日ごろ 日本気象協会(毎日新聞)
熊本で男が拳銃持って自宅に立てこもり?(産経新聞)
巡査が事故、県警公表せず 宮城(産経新聞)
シューズ「激安戦争」 ユニクロvs.他社 質・デザインで火花(産経新聞)
節分に「オニヒトデは外」 和歌山・白浜で駆除イベント(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。