So-net無料ブログ作成
検索選択

元日大生、二審も無期=親子強盗殺人―東京高裁(時事通信)

 東京杉並区で野元富恵さん=当時(86)=親子を殺害し現金を奪ったとして、強盗殺人などの罪に問われ、一審で無期懲役とされた元日大生志村裕史被告(25)の控訴審判決が17日、東京高裁であり、小西秀宣裁判長は検察側、弁護側双方の控訴を棄却した。検察側は一審に続いて死刑を求めていた。
 一審東京地裁は昨年7月、殺害に計画性が乏しく、被告の年齢が若いことなどを挙げ、「改善更生の可能性がないとはいえず、死刑がやむを得ないとまではいえない」として、無期懲役を言い渡した。
 控訴審で検察側は「冷酷非情な犯行で、遺族の処罰感情も厳しい」と指摘。死刑を回避すべき事情はないとして、一審判決の破棄を求めた。 

【関連ニュース
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕押収銃器〜ペンシル型拳銃から自作機関銃まで〜
質店強盗容疑で男逮捕=「宿代なく困る」
連続女性暴行の男に懲役30年=「再犯の可能性」指摘
日本人カメラマンが強盗被害=初戦取材直後、路上で

<南アW杯>鈴なり応援絵馬 愛知・白山宮(毎日新聞)
最もイメージの良いアスリート、トップはあの野球選手(Business Media 誠)
事務所経費に漫画「良くない」と民主・細野氏(読売新聞)
小学生の4人に1人は「缶けりをしたことがない」――その理由は?(Business Media 誠)
就職活動に有利だと思うスキル、採用担当者と学生の考えに違い(Business Media 誠)

谷亮子氏、小沢氏辞任「頑張ってほしかった」(産経新聞)

 小沢一郎幹事長の辞任で、今夏の参院選へ小沢氏が擁立を進めた立候補予定者らへも衝撃が走った。

 大阪選挙区から出馬予定のタレント、岡部まり氏(50)は「大変驚いている。出馬を決意したときから姿勢はぶれていない。選挙への影響は答えようがないが、活動は変わりなくやっていく」と話した。

 出馬会見で「小沢先生の応援は地球を覆うほどの愛」と話した柔道五輪金メダリスト、谷亮子氏(34)=比例代表。後援会の田中将朗会長(64)によると、辞任表明後の電話で「驚いた。小沢先生には頑張ってほしかった」と話し、「政局に何か言える立場ではないので、選挙へ向かって頑張るしかない」と決意を述べたという。

 落語家の桂きん枝氏(59)=同=は「上層部が辞めようが戦い方は変わらない。民主への逆風は強く、あいさつ回りで名刺を返されたこともある」。元アナウンサーの岩田浩岳氏(34)=島根選挙区=は「有権者には『後ろ盾を失って大変だね』といわれるが、今は頑張るしかない」と表情を引き締めた。

 一方、参院選で改選を予定し、選挙戦への危機感をあらわにしている議員の一人、藤末健三議員(46)は「首相交代という小手先の対応で支持率は上がらない。政治とカネの説明が足りず、辞めても理解は得られない」。同じ改選組の尾立源幸議員(46)も「辞任は当然。首相の辞任だけでは筋が通らない」と焦りを隠さなかった。

【関連記事】
「権力」掌握だけが目的だった水と油の「小鳩」関係
鳩山首相、先月31日に小沢氏に辞意を伝えた
小沢幹事長「補佐できず残念。後は新体制になって判断すること」
“小沢ガールズ”三宅議員は「だいぶ前に(小沢学校)卒業した」
ヤワラちゃん東北で“第一声”
「はやぶさ」帰還へ

国保組合の「入院・治療無料」見直しへ(読売新聞)
自民は「風の変化」を警戒(産経新聞)
<鳩山首相辞任>辞意に驚きの声 民主党両院議員総会(毎日新聞)
首相は続投を=岡田外相(時事通信)
4日に代表選と組閣 菅副総理が先行 海江田氏擁立論も浮上(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。